Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野良猫問題

DSC_0710.jpg
ビル君は、大きな病院で一通り検査をしてみたものの、外側からの検査では異常が見られませんでした。
後は肝生検と言われましたが、本人元気ですし、わざわざ体にメスを入れる必要があるのか否か・・・主治医の先生とも話し合い、投薬と治療食、数ヶ月に一度の検査で様子観察するという結果になりました。

DSC_0697.jpg

この間、のこ君も1日7回、胆汁を吐くまで酷くなったりして病院通いの日々でした;;

でも今はみんな元気です♪
ビル君の肝臓の値が高いことが気がかりですが、後は私達が健康管理していくしかないですね。


ところで・・・。
昨日昼間、家の近くで放送カーが走っていて、それを聞いてとっても嫌な気分になりました。

「この界隈で野良猫が大量発生しており、住民から苦情が出ております。無責任に餌をあげないでください」

あたしも気になっていたんです。家の近所のスーパーの前に神社があるのですが、外壁から餌を上げている人をよくみかけ、その奥を見てみると、ビル君そっくりな子が暗闇の中から6匹も・・・。まだ2ヶ月くらいの仔猫でした。

何度か餌やりさんに声を掛けていますが、みんなそっけなく逃げるようにして帰ってしまいます。
どうやら餌を上げている人は複数いるようです。


今日、ビル君の治療食を病院に取りに行った帰りに、たまたま別の餌やりさんに出会いました。
その奥には、親猫1匹とまだ生まれて間もない仔猫が2匹。

DSC_0832.jpg
↑お母さん猫


この餌やりさんは、よく話をしてくれました。

DSC_0834.jpg

がしかし・・・「この子はもうすぐ死んじゃいそうねぇ・・・」
そう思っているなら助けてよ!!!と思いましたが、そこまでやる人って実は少ないんですよね。強要は出来ません。

特にこの1匹の仔猫が見るからに弱っていそうでした。

実は、黒猫の子供ではないそうです。本当のお母さんは育児放棄してしまっているそう。


この子だけでも保護しないと!死んでしまう!
とりあえずこの足で病院に連れて行こうと思いました。

外壁の間には大きな溝があったので、私は手が届きませんでした。
餌やりさんになんとか捕まえてもらいましたが、なんせキャリーを持っていなかったため、バッグからするりと抜けて逃げてしまいました・・・


この現実と、昨日の放送で胸が痛いです。

今夜旦那さんが帰ってきたら釣り餌とキャリーを持って行って来ます。
ダメならまた明日。

でも全員助けることが出来ないと思うと、胸が痛いしため息しか出ません。
そして餌やりさん同士はまったく仲がよくないそう。どちらかと言えば、それぞれ敵対心を持っているみたいです。



どうしたらいいのやら・・・。





スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

ayacchi

Author:ayacchi
2008年10月18日からニャンコ『ぬこ君』『のこ君』を家族として迎えいれました。
『ぬこのこ』との日々を綴っていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。





ぬこのこビルのごはんは

ワンフーです。
少量ずつパックになっていていつでも新鮮な味
メタボ気味の子にいいですよ♪


最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。